賢く低コストでフライヤー印刷の依頼!出来るオリジナル注文

男の人

ワンストップ発送の魅力

メール

ダイレクトメールの発送はワンストップ発送で行なうことでスピーディー且つ中間マージンを削減して送付することが可能になります。上手く活用することが重要になってくるでしょう。

詳しくはコチラ

小ロット生産も可能

鞄

オリジナルデザインの手提げ袋は通販ショップなどで作成することが出来たりします。そのまま購入することも出来ますし、販売する事が出来るページを持つことも出来たりします。

詳しくはコチラ

入稿とテンプレートの違い

旗

のぼりは制作業者などに依頼することで誰でも作ることが出来ます。オリジナルデザインで作ることも可能で、入稿とテンプレートでデザインすることが出来ます。用途に合わせてどちらか一方を選ぶ必要があります。

詳しくはコチラ

フライヤーの紹介

フライヤーは街なかやポスティングなどで配布する宣伝のためのチラシのようなものです。自身でフライヤー印刷をすることも可能ですが、最も安い価格帯では3000円や5000円と言った金額で依頼ができ、近年は枚数も100枚や10枚からでも請け負ってくれる業者があるので安心して依頼できます。

詳しくはコチラ

激安価格を探す

広告

出来るだけ低価格でフライヤー印刷を行ないたいという場合はWEBサイトから入稿できる印刷業者を利用する必要があります。WEBサイトから入稿する分チェック作業を省くことができ、人件費などを削減できるため低価格で印刷を実現することが出来ます。ただ低価格と言ってもある程度の品質的な限度があり、あまりにも安すぎる業者は少々警戒が必要といえるでしょう。というのも印刷業者のコストの内大半を占めるのがインク代と紙代になります。当たり前ですがコストを削減させるためにはある程度インクの節約や代替インクなどを用いる必要があります。そのため価格の高いプランに比べると発色などで品質が落ちることがあるでしょう。もちろんよく見ないと分からないレベルなので大抵の場合は問題無いですが、低価格を売りにしている印刷業者の中でも飛び抜けて安い場合は低品質なインクを使用している場合があります。低品質のインクを使用した印刷の場合、インクの滲みや擦ると抜けるという場合が見られることが度々あります。そのため低価格でフライヤー印刷を依頼するにしても限度と相場を見極めておきたいと言えるでしょう。相場としては1000枚当たり980円で依頼することが出来れば十分低価格と言えます。逆にこれ以上に安い場合は警戒して損はありません。まずは価格と相場をしっかりと理解して注文を行なうことを習慣づけておくといいでしょう。こうすることで安物買いの銭失いを減らすことが出来ます。

Copyright© 2016 賢く低コストでフライヤー印刷の依頼!出来るオリジナル注文 All Rights Reserved.